一眼レフでもスマホでも稼げる

ワイドアングルの写真

ワイド画面

様々な写真の撮影テクニックを紹介している当サイト。
今回紹介する写真撮影のコツは「ワイドアングルの写真」を撮影するときに利用できるテクニックを紹介してきます。
普段撮影している写真と違って、ワイドアングルで写真を撮影することによって
奥行きを強調したり、ものを大きく見せたり、写真の印象をがらりと変えることができるようになります。
そのため、ワイドアングルで撮影するコツを適切に把握して写真撮影の幅をさらに広げていきましょう。

遠近法で異世界感を表現できる

ワイドアングル撮影の魅力は、遠近の関係をより際立たせることができるということです。
そのため、被写体を近くに持ってくることで、手前のものをより大きく見せて、奥のものをより小さく見せることができます。
地面すれすれの場所からワイドアングルで撮影してあげることで、さらにその効果を高めることができるようになっています。
巨人と小人のような写真もこうした手法で簡単に撮影することができるので、見る人をアッと驚かせるような写真を撮影したい
というようなときにとても役立つ手法となるでしょう。

地面を大きく撮影したり、狭い場所を活用する

上記の方法では、手前に被写体を持って行って地面すれすれで撮影することで遠近感を強調させていましたが
地面のより大きく映り込ませることで、より人を小さく見せることができるようになります。
そうしたときは地面の反射がより遠近感を強調することになるので、屋内などで有効な撮影法になっています。

また、あえて左右の空間が狭いような場所での撮影も奥行きをさらに強調することができます。
左右が狭いだけで、奥行きを持たせて違った味を持つ写真を撮影できるようになるので、色々な場所で様々な角度から写真の撮影を行うようにしましょう。

光を活用してみる

ワイドアングルの写真を撮影するとき、地面側を大きく写り込ませることで、遠近感を強めることができます。
逆に、天井側を大きく写り込ませることによって横の広さを強調することができるようになります。
このように、大きくする場所を上下で変えると、強調される方向が上下から左右へと変わるようになっています。
ですから、どちらのパターンでも写真を撮影してみて、それぞれの違いを見比べて楽しむというのも良いと思いますし、
同じ場所なのに、同じ場所のようではない感覚を味わうことができるので、実際に写真を見てどちらの方がよいかを判断してみるのもよいでしょう。