一眼レフでもスマホでも稼げる

洋服の写真

服装

一石二鳥にもなる洋服写真の撮影ポイントとはカシャカシャビジネスでは、いろいろな写真が収入になります。

男女問わずに誰でも撮影できる写真が洋服の写真です。

着古してボロボロな状態になった洋服でなければ、綺麗に撮影することができますしタンスに眠っている洋服をネットオークションなどで売却してしまう前に、写真を撮影しておけばそれを収入にしてさらに収入をゲットなんてことも。

とはいっても、洋服の写真は簡単そうで意外と難しいもの。
ここでは、そんな洋服の写真撮影におけるコツを紹介していきましょう。

全体の撮影は「折る」

洋服を折るトップスやボトムスの全体像を撮影しようとすると、意外と難しかったりします。

袖を広げた状態にしてしまうと、どうしても横長になってしまいますしハンガーなどに欠けた状態だと袖がつぶれてしまってきれいに映らない。

そんな時は、撮影場所に服を寝かせて袖を折ってシャツの前に持ってきたりするのも良いでしょう。

そうすることで、袖口なども見せやすくなります。洋服の写真の場合、こうした部分まで気を配って写真にすることはとても重要です。

持ち上げて生地素材を伝えよう

服を持つ洋服と一口にいっても、その生地となる素材は千差万別。また、同じデザインであっても記事が違えば着心地や、見た目の印象は大きく変わります。

ですから、写真を見る人に洋服生地の素材感を伝えることもとても大切です。

こうした部分まで気を配って撮影すると、普通の写真から一つ二つステップアップした良い写真ができます。

では、実際に生地の素材感をどのように伝えるのが良いでしょうか。

洋服を広げ、平坦な場所において撮影する。これでもある程度は生地の素材感を出すことはできます。しかし、そこからひと手間加える事で写真が見違えたものになります。

その方法というのが、生地を持ち上げるという方法です。

袖口や、首から指や手などで実際に生地を持ち上げてあげましょう。生地を手で持ち上げる事によって、柔らかい折れ目が生まれて生地の質感をより見る人に伝えることができます。

洋服の写真は「折る」「持ち上げる」この2つのポイントを押さえてあげるだけで、ハンガーにかけたものを撮影するのとは全く別次元の仕上がりになるため一度活用してみましょう。