一眼レフでもスマホでも稼げる

優しいイメージの写真

カメラ

写真は、その時のイメージや撮影の仕方によって全く違った表情を持つものです。
ここでは、キリッとした写真ではなくふんわりと柔らかいイメージの写真を撮影するコツを
紹介したいと思います。
柔らかいイメージの写真はただ、ピントをぼかしたりするだけでなく様々な手法で撮影できます。
こうしたコツを知っておくことで、どのような被写体の撮影をする際にも活用してもらうことができると思います。
ピントがカッチリ決まって、ピッタリした印象の写真はきれいでハッキリとした印象を与えますが
裏を返せば余裕がなく堅いイメージになってしまいます。
そうしたイメージを崩してあげるだけでも、とても良い写真になったりするわけです。

光の取り込み方で大きく変わる

写真を撮影する上で、光はどのような写真を撮影する場合でも非常に重要です。
順光だけでなく逆光であっても、適切に光を使いこなせれば
ふんわりとした柔らかいイメージの写真を撮影することが可能です。
また、被写体の色味と背景や周りにあるものの色味を淡いトーンのものにすることで
写真にしたときに透明感が増します。
逆に色味をはっきりさせればさせるほど、物質感を引き立たせることができます。
これは、どちらの方がよいというわけではありません。
しかしながら、ふんわりと柔らかいというイメージのもと写真を撮影するという場合には、
淡いトーンの方が適しているケースが多くなるでしょう。

ぼかしの技術

ぼかしの技術は柔らかい写真を撮影する上で必要不可欠といえるでしょう。
被写体にピントを合わせ、背景をぼかす。
これだけでも、非常に柔らかい印象を与えることができます。
ただただ、ぼかすだけでも十分ですが、どの程度ぼかすかによって写真の柔らかさの印象を変えることができます。
ですから背景をぼかす写真をいくつかのパターンで撮影してみて、そこから良いと思うものを選ぶというのもポイントと言えるでしょう。

ホワイトバランスを使い分ける

ホワイトバランスの調整もどのような写真でも使えます。
写真に対して、赤みや青みを追加してあげることによって、普段撮影しているような写真とはまた違った印象を持つ
写真を撮影することができます。赤みを加えれば暖かなイメージになりますし、青みはスッキリとしたイメージを与えることができます。
この辺りの色味による違いは、人が色から得る印象によって左右される部分になるので
色味もこまめに変えて撮影してみると、ファインダー越しの風景をさらに情緒にあふれたものにすることができるでしょう。