一眼レフでもスマホでも稼げる

七五三の写真

七五三の少年

写真を撮影する上で、人というのは被写体となることが非常に多いです。
特に、お子さんがいらっしゃる家庭の場合は、子供の成長記録として写真を残すということも多いでしょう。
ここでは、そんなお子さんの写真を撮影する際のポイントの中でも七五三に絞って紹介していきます。
限られたタイミングでしか撮影できない写真ですが、子供の写真を撮影する上でも役立つことが沢山あります。

事前準備は入念に

七五三は子供の成長を残す上で非常に重要なタイミングの一つだといえるでしょう。
そのため、写真をプロの方に依頼するというご家庭もあります。
ですが、家族で写真を撮影しても十分にきれいなものを撮影することが可能です。
七五三の写真を撮影する上で重要なポイントの一つが神社の予定です。
小さな神社の場合は特に大きな問題になることも少ないですが、大きな神社の場合では同じように七五三の写真を撮影しようと
大勢の家庭が訪れることもあります。
そうなってしまうとどこで撮影しても、背景に人が多く写りこんでしまうなんてこともあります。
そのようなことを避けるためにも、神社の予定を祈祷を予約するタイミングで確認しておくことが大切です。
また、写真を撮影する場合には撮影の許可についても、確認しておく必要があります。
神社によっては、祈祷中の撮影は禁止というような場合もあります。
そうなってしまっては、写真を撮影したくてもできないといったことになるので、事前確認を必ずするようにしておきましょう。

構図と人物の位置に注意

神社を大きく写真に撮りたいという場合には、撮影する対象となる神社と人との位置関係が重要になります。
神社のすぐ近くに人を立たせ引きで撮影してしまうと、どうしても人が小さくなってしまって
非常に見づらい写真になってしまいます。
ですから、撮影する神社とどの程度の大きさで撮影するかを決めた後に、人を立たせる位置を考えるようにしましょう。
神社に近づかせずにカメラよりに立たせることで、それぞれを大きく撮影することができ非常にバランスの良い写真ができます。

ゆとりを持った行動を

七五三の写真を撮影する場合には、スケジュールを詰め込みすぎずにある程度の余裕を持たせておくようにしましょう。
子供が主役のイベントですから、スケジュールをパンパンに詰め込みすぎてしまうと、子供の方が先にバテてしまって
後半は撮影するような状況でなくなることも珍しくありません。
そのため、休憩するような時間を持たせたりして余裕を持つことが大切です。