一眼レフでもスマホでも稼げる

桜の写真

桜の写真

日本の春を象徴する花である「桜」
今回は、この桜の写真を撮影するコツを紹介していきたいと思います。
桜が舞い散る季節になる前に、美しい桜の写真を残して記念になるようにしてみましょう。
毎年違った、顔を見せてくれる桜。背景となる場所の変化なども併せてとても良い記念になることは間違いありません。

そんな桜の写真ですが、やはり美しく撮ろうと考えると
そこが非常に深いものとなっています。そのため、適当に撮影したものと
考えて撮影したものでは、雲泥の差が生まれるのです。
適切にコツをつかんで桜の写真を撮影し、大切な記念の1ページとしましょう。

クローズアップして美しさを引き出す

桜の写真というと、満開の桜が咲き乱れるものをイメージする方も多いのではないでしょうか。
実際にそうした写真は少なくありません。
ですが、思い切ってクローズアップした写真を撮影するのも良いでしょう。
桜の花1つ1つが生き生きと咲いている姿は、見るものの心を奪う魅力を持っています。
全体像だけでなく、クローズアップした写真を撮影する場合は、構図も重要になります。
桜の花は1つの木に無数に咲いているものですから、その花のどの部分を撮影するかによっても、写真の印象は大きく変わってきます。
色々な角度から色々な花を撮影してみて、自分好みの一枚を撮影してみてはいかがでしょうか。

下から上の構図で

写真を撮影する場合、被写体を横から見て撮影をすることは少なくありません。
その時、被写体と撮影者の高さは一緒だったりしますが、あえて撮影者の高さを低くしてあげることで
魅力を引き立たせることができることもあります。
特に、桜などの樹木を撮影する場合には、下から見上げて撮影することによって、美しい桜の花をメインにバックには
青々と広がる空という形で撮影が可能となります。
余計なものを入れずに撮影することもできますし、バックに高い建造物を持ってくることで、桜越しに高い建造物の撮影も可能です。
その場合も、桜にピントを合わせてあげることでより桜の魅力を引き出せます。

あえての人を入れる

桜の写真を撮影すると考えた場合、桜のみに焦点を当てた写真が多くなる傾向があります。
当然それは間違いではありません。
ですが、そこであえて人を写真の中に映り込ませることによって、より魅力的な写真にすることができたりします。
あくまでも、添え物的な形で人を入れる形になるので、ぼかして入れてあげるとよいでしょう。
メインは桜。サブに人を持ってくる構図を考えて撮影すると魅力的な写真がより魅力的になるでしょう。