一眼レフでもスマホでも稼げる

日本酒の写真

日本酒

日本酒好き必見の日本酒撮影テク!お酒を楽しみながらカシャカシャビジネスで還元!

仕事帰りの飲み会であったり、自宅での晩酌であったりと飲む機会も飲む人も非常に多くお酒を飲むのを趣味としている方も少なくありません。
そうした趣味があるなら、写真をぜひ撮影しておきましょう!
お酒の写真も勿論、収入に変えることができるので飲み会の出費をカシャカシャビジネスで抑えることにつながるかもしれません。

お酒と一口にいっても、その種類は多いですし写を撮影するとなると意外と難しかったりします。
特に日本酒の場合は、大きな酒瓶だったり瓶の材質はガラスだったりと写真撮影の難易度が非常に高くなっています。

撮影するカメラの向きに注目

カメラを横にして撮影すると、お酒の全容が入らず見切れてしまったり、関係のない物まで余計に写りこんでしまったりするので、縦での撮影が基本となります。
ですが、料理と合わせて撮影する場合やお酒の瓶の大きさによっては横での撮影でも問題ありません。
また横での撮影は、お酒に大きく近づきラベルをメインに撮影するような場合にも適しています。

一升瓶などの全容を撮影する場合は、縦に ラベルをメインにしたりする場合は、横に
縦 横

これが日本酒の撮影における基本となります。

もっきり酒やお猪口、盃に注がれた日本酒を撮影する場合は、料理の撮影と基本的には変わりませんので、そちらを参考に撮影をしてみましょう。