一眼レフでもスマホでも稼げる

紅葉の写真

イチョウ

風景写真を撮影する場合の中でも、特に紅葉の写真を撮影するときについてのコツを紹介します。
秋を代表する紅葉。その色は非常に鮮やかで見る物の心を一瞬で奪うほど美しいものです。
そうした写真を撮影できるかできないかも、やっぱり撮影テクニックやコツを知っているかで変わってきます。
初めて撮影する人でも、魅力的な紅葉の写真を撮影できるようにここでは紅葉の写真を撮るコツを紹介していくので、しっかり覚えていきましょう!
当然、こうしたコツを積み重ねていくと色々なものを撮影する場合にも応用できますし、自力の向上につながっていきます。

ホワイトバランスの調整

一眼レフのカメラの場合、ホワイトバランスは自動的に調整してくれるものも多いです。
ですが、こうしたホワイトバランスも手動で調整するようになれば、より美しい写真を撮影できる場合もあります。特に、紅葉などの場合、草木が生い茂る中から撮影すると、どうしても影の影響で紅葉の美しい赤色を強調できずに、全体的に暗い印象の写真になってしまうこともあります。
そうした場合には、ホワイトバランスを調整してみましょう。
ホワイトバランスを調整することで、赤色がより鮮やかになってより美しい写真を撮影できることもあります。
ホワイトバランスを上手に活用することできれいな写真を撮影することができますが、好みの要素も大きいので、何でもかんでもホワイトバランスを調整して撮影するというよりは、自分好みの写真を撮影するときなどに利用すると良いでしょう。

光の向きも大切になる

紅葉の写真を撮影するとき、光の向きや量が非常に重要です。
普段の写真と同じように順光で撮影する場合はきれいに撮影できると思います。
しかし、光の向きをサイドから来るように一度って撮影をすると、光の当たる部分や当たらない部分ができて、神秘的な写真を撮影できたりします。
逆光も紅葉の撮影には役立つこともあります。
基本的に、写真を撮影する場合に逆光で撮影をするということはないですが、紅葉の場合は、逆光だと紅葉の赤が光の差し込みで透けて美しく見えたりします。
そうした部分をあえて撮影することで、より美しく綺麗な紅葉が撮影できるわけです。

構図を変えよう

同じ紅葉でも、構図が違えば全く違ったものになります。
沢山の紅葉が生い茂るところを引きで撮影すると、赤一面の葉が美しい写真を撮ることができます。マクロレンズなどで超接近して写真を撮影すれば、紅葉が持つ美しさを強調しながら他ではあまり見ないような構図で撮影することもできたりします。

このように紅葉一つとっても、様々な撮影のコツがあるので、いろいろなコツを把握して積み重ねる。これが写真を上達していくために何より大切なポイントとなります。