一眼レフでもスマホでも稼げる

お弁当の写真

弁当

今、カシャカシャビジネスで最も熱いのがお弁当の写真です。

作る側、食べる側どちらでも撮影することができますし、撮影した写真を収入に変える場合でも、写真の単価が最も高くお弁当を毎日作る、持参するという人にとっては撮影する機会も非常に多いというのがポイントになっています。

お弁当の撮影も基本的にはご飯の写真を撮影する場合と大きく変わりません。しかし、お弁当にはお弁当を撮影するときのコツがあります。

それが「斜めの角度」です。

斜めの理由は美味しさにアリ

斜め真上からお弁当の全景が写るよう撮影するのもいいですが、どうしても素人臭さが出てしまいがちです。これを斜めから撮影することで、全く違った雰囲気の写真が撮影できます。

お弁当は、ある程度の深さがあるため斜めの角度から写真を撮影してあげると、お弁当にはいっているおかずやご飯がより立体的に見えて美味しそうに写ります。

その上で光の反射などの加減を意識してあげると、美味しそうにテカテカと光るご飯や、おかずを演出することができるわけです。

また、斜めの角度で撮影をする場合には、お弁当箱の端が写真から切れてしまってもあまり気にしないことも大切。全景を収めることを意識しすぎると、どうしてもお弁当からの距離が遠くなってしまい、結果的に美味しさの表現が弱くなりますので思い切って寄ってみましょう。