一眼レフでもスマホでも稼げる

花火の写真

花火

海や空とはまた違って撮影が難しいものの一つに花火があります。
夜空に咲く美しい花火は、見るものの心を癒してくれますが、実際に写真にしようとすると気に掛ける部分が非常に多く
初心者の人は上手に撮影したくてもできないといったこともあるのです。
ここでは、そんな花火の一瞬のきらめきを上手におさめて、美しい写真を撮影するためのコツをここでは紹介していきましょう。

動かさないために

花火の撮影を行う場合には、シャッタースピードは非常に遅くするのが基本となります。
シャッタースピードが遅くなるというのは、それだけブレの影響を大きく受けてしまうことになります。
ですから、シャッターを切っている間はずっと手ブレが起きないように気を付ける必要があるわけです。
今までに何度も紹介している三脚はそうしたカメラを固定するうえで必要不可欠なものだといえるでしょう。
しかし、花火の写真を撮影する場合にはカメラを固定する三脚だけでは不十分と言えます。
その理由が、シャッタースピードの遅さにあります。
シャッターを開いている状態を維持するためには、シャッターボタンを長時間押し続けるといった必要があります。
となると、押し続けている間手の動きの影響をカメラ側が受けてしまう可能性が出てくるわけです。
そうなってしまうと、ちょっとした振動や動きでも大きなブレになってしまうので、シャッターすらも直にカメラを触らないようにリモートコントローラーなどと呼ばれる
アイテムを利用して切ったりする工夫が必要になります。
こうした、長時間露光やリモートコントローラーに対応していないデジタルカメラなどもあるので、そうした場合には、カメラ選びから見直したりする必要があるといえるでしょう。
ただ、そこまでこだわらずに綺麗に移したいというような場合には、スマホやデジカメでもきれいに撮影するためおコツを把握しましょう。

プログラムを入念にチェック

花火の美しいタイミングというのは、本当に一瞬です。
ですから、事前にどのような花火がどこからどの程度上がるのか?そうした前情報はより良い写真を撮影するためには必要不可欠。
そうした情報を知るためにも、花火大会などのプログラムで確認しておくことが大切になるわけです。
現在では、こうしたプログラムを発行している大会は増えていますのである場合には確実にチェックしておくようにしましょう。
逆に、何も発行されていないような場合には、前の年の花火についてなど知っている人に聞いたりして情報を調べておくことが大切になります。