一眼レフでもスマホでも稼げる

車の写真

車

身近にある物を写真におさめて収益化するというのは、非常に効率的な手法の一つと言えるでしょう。
そうした身近にあるもので人気になりやすい被写体の一つに車があります。
素敵な車を撮影することで、車の自慢をすることもできるでしょうし、さらにそれが収入になればより大きなメリットを生み出してくれるでしょう。
車が登場してから今では非常に多くの車種が存在し、それぞれの車種に思い入れを持つ人が非常に多くなっています。
だからこそ、きれいに撮影したいと思うものですが実際に撮影してみると、なんとなく思い描いていた写真とは違いものが出来上がってくることも珍しくありません。

ですから、ここでは車の写真を撮影する際のポイントについて紹介していきます。
大切な車をより多くの人に見てもらうためにも、お役立てください。

光と露出が肝心のポイント

車の写真を撮影する場合において、大切なのは他の被写体と同様に露出や光の方向や強さになります。
特に、車のボディは光を強く反射しますし光が当たらないとどうしても暗く映って見えてしまったりします。
更に、一方向だけ当たらないと光が当たっている部分とそうでない部分での明暗の差がより強く出てしまって、非常に大変です。
こうした差を考えながら撮影することも大切です。
一方向からの光だけの場合は、やはり写真に写る面が全体的に光が当たるように位置調整するようにしましょう。

縦横で全く雰囲気の違った写真になる

車の写真を撮影する場合、撮影するカメラの向きによっても雰囲気は大きく変わってきます。
縦位置で撮影をすれば、車のアピールポイントをより強調して撮影することが可能ですし、横位置で撮影をすると写真全体を広く演出することができますし、背景なども上手に活かしやすくなっています。
縦位置の場合は、車や人の方に目が行ってしまいがちになるので、車や人をメインに据える場合には適しているといえるでしょう。
逆に、横位置の場合は背景も十分に取り込むことができるようになるので、写真を一枚の絵として考えて撮影することで、全体的に美しい写真を撮影することが可能です。
このように、縦と横でもまった雰囲気の違った写真を撮影することができるようになっているので、自分が望む理想の写真がどのようなものであるのかを十分に考えたうえで、撮影に臨むことが大切です。

上からと下からでも変化する

写真を撮影する高さによっても、車の写真は全く違った印象になります。
上からの位置で撮影をすると、美しいボディの色を生かしたり車と一緒に人を撮影したりする場合には、より美しく見せる効果があります。
逆に、下からの場合は、車の美しいフォルムや流れるようなラインを表現することができます。

このように、車の写真にも様々なコツがあるので撮影の際は十分にお役立てください。