一眼レフでもスマホでも稼げる

赤ちゃんの写真

赤ちゃん

赤ちゃんの写真を撮影するためのコツも色々とあります。
寝姿を撮影する分には、簡単ですがそうでない場合には、やはりコツが必要です。
特に、自由に動き始めるとうまくファインダーにおさめて最高の瞬間を撮影するのは難しくなります。
年齢をさらに重ねて話をすることができるようになれば、撮影は簡単になりますが
その間がやはり難しい形になるわけです。
ですが、赤ちゃんの頃の写真は良い思い出になる写真ですし、赤ちゃんの時期は限られているからこそ
沢山の写真を残して記念とするようにしましょう。
今回は、そんな赤ちゃんの写真をより良い思い出にしてもらうために、どのような写真を撮影すれば
より良い思い出になるのかについて、簡単に紹介していきます。

寝姿を自由に

赤ちゃんは、年齢を重ねた子に比べて目を覚ましづらいのを
利用して、寝ている間に背景やポーズを自分で作り上げて撮影する方法があります。
背景やポーズ、カメラなどをあらかじめ準備しておくことで、スムーズに撮影することができるでしょう。
ただし、こうした準備が遅くなれば目を覚ましてしまう可能性が出てくるので
事前準備が大切な撮影方法だといえるでしょう。
ぐっすりを眠っている赤ちゃんの姿はそれだけで十分に魅力あふれるものなります。

寝相や遠近法を活用してみる

小さな赤ちゃんだからこそ、寝相を上手に利用した
寝相アートと呼ばれるような写真も非常に人気になっています。
色々な寝相に合わせて背景を工夫することで、赤ちゃんが様々なことをしている写真が撮影できるので
とても魅力的です。
この寝相アートとともに人気なのが、遠近法を利用した撮影です。
寝ている赤ちゃんを遠くから撮影しながら手前にマグカップを入れ込めば
マグカップの中で眠る赤ちゃんの写真が出来上がります。
このように、赤ちゃんと物の距離を考慮して構図を考えてあげると赤ちゃんの写真の可能性は
無限に広がっていくといえるでしょう。
このように様々な撮影ができるので、自分だけの寝相アートなどを考えてみてはいかがでしょうか。

手足を上手に使ってみよう

赤ちゃんの手足は大人の手足に比べるとはるかに小さいものです。
そうした、手足を自分の手足を比べて撮影してみるのもいい写真になります。
子供の成長過程の中で同じ構図で撮影する写真を都度撮影するようにすれば、
立派な成長記録にもなりますよ。
小さな小さな手足は、赤ちゃん特有のものですし大切な思い出の一つになります。