一眼レフでもスマホでも稼げる

ネットオークション用の写真

オークションで売るバッグ

ここでは、ネットオークション用の写真を撮影する場合のコツを紹介していきます。
ネットオークションなどで不要になったものを売る場合、商品をいかに魅力的に見せるか。
それによって、買い手のつき方が全く変わってきます。
写真の書い手もつき、オークションでも買い手がつくことも目指せるので、一石二鳥の効果があります。
ネットオークション用の写真にもいくつかのコツがありますし、そのコツを知っておくことで屋内で何かを撮影する際に役立てることもできます。
逆に言えば、屋内撮影が得意な人は無理なくすぐにオークション用の写真を撮影することもできるでしょう。

背景を考えてみる

写真を撮影する上で、背景を考えるというのは非常に重要です。
専用のスタジオを借りたりするよりも自宅で撮影する人の方が多いでしょう。スタジオを借りるとなると
それだけで結構な出費になってしまいます。
自宅で美しい写真の撮影をする場合には、背景を準備してあげることが大切です。
単一色の画用紙や、布等を用意するだけでもきれいな背景を作ることは可能ですが、商品の大きさによっては100円均一
などで購入できるような木目調のタイル等も流用が可能です。

フラッシュは厳禁

室内で商品などの撮影を行う場合、フラッシュを使う人は少なくありません。
もちろん使うこと自体は悪くありません。フラッシュがあることで光量不足を簡単に解消できます。
しかし、フラッシュの光が室内では強すぎて商品に反射して白飛びしたような状態になってしまいます。
そうなってしまうと、写真の見た目も素人感が強くなりますし商品もあまりよく見えません。
そのため、フラッシュを使わずに撮影を行うのが基本です。
どうしても必要になる場合には、フラッシュの光を分散するためにレフ板などを利用するようにしましょう。
こちらも、100円均一の商品などで簡単に作成が可能です。

美しく見せるのが何よりも大切

オークション用の写真はあくまでも、人に商品を購入してもらうために撮影するもの。
ですから、美しく見せてほしいと思ってもらえなければなりません。故に、他の写真に比べて神経を使うことも少なくありません。
適当に撮影したものと、丁寧に撮影したものであれば自分が買い手になった場合として考えれば当然、丁寧に撮影したものの方が欲しいと思うでしょう。
適当に撮影されたものであれば、撮影と同じように商品自体も適当に扱われているかもしれないと考えられてしまう場合もあります。
たとえ、全くそんなことがなかったとしても、写真を見た人の受け取り方次第になるので、丁寧に撮影をするように心がけましょう。

例えば、商品の色と背景の色について考えたり、光の角度や商品の角度で全く違ってみえます。