日常の中でカシャカシャビジネスのタイミングを増やそう。

カシャカシャビジネス私たちは、収入を手にするためお仕事に励んでいます。

主婦の方、学生の方の場合は時間的な制限や、年齢的な制限もあって、お仕事をしたくてもできないというようなこともあるでしょう。

そこでオススメなのが「カシャカシャビジネス」になります。このカシャカシャビジネスでは、自分が撮影した写真を収入に変えることができるので、時間がないという方でも、朝昼版のご飯前に写真を撮影したり、通学途中の風景を撮影するといったとても簡単なことで、副収入を簡単に手にすることができる時代になっています。

写真撮影が好きな人もいれば、そうでない人もいるでしょう。
ここでは、そんな写真を上手に収入に変えるためのコツや、日常生活にこのビジネスを取り入れるコツを紹介します。

始めはコツコツ習慣づけよう

写真を撮る。普段何気なくしている人は何も問題ありません。

しかし、普段あまり写真撮影をしない方はまず、写真を撮影するという最も基本的なことを習慣づけることが大切です。

一度撮影を忘れてしまえば、それだけで収入のチャンスを失ってしまうというわけですから非常にもったいないです。こまめに撮影する習慣がつけばそれだけ、収入を手にするチャンスが増えるというわけですから、まずはこの習慣づけからスタートしてみましょう。

いきなり目標を高く設定しすぎない

カメラ最初から一日に5万円!と高く目標を立てることはとても素晴らしいことです。しかし、目標が高すぎてしまえばそこを目指す前に挫折してしまう可能性も高くなってきます。

ですから、まずは簡単に達成できる目標を設定しましょう。例えば「写真を1日に1つ収入にする」というような具合に、ハードルを下げることで日常生活の中に溶け込ませることができます。

逆に無理に詰め込みすぎてしまうと、写真撮影にどうしても作業感や仕事感が出てきてしまって長続きしませんし、目標を達成できなければそれだけでモチベーションの低下にもつながってしまうというわけです。

写真撮影を習慣づけ、徐々に目標を高くしていくことで、無理なく写真を楽しみながら収入を手にする好循環を生み出せるようになるでしょう。

そうして無理をせずに続けることが末永く収入を手にしていくための大きなポイントになります。

どれだけ好きなことでも、ずっととなるとどうしても辛くなってしまうこともあるでしょうし、日常生活に支障をきたす場合もあります。

あくまでもサブの収入源としてとらえて、メインのお仕事に付加する形で、収入を手にするようにしましょう。

効率的に写真を収入へ

スマホカシャカシャビジネスでは自分が撮影した写真を収入に変えることができます。
しかし、そのためにはある程度の写真のクオリティは必要になってきます。

そうした写真のコツやクオリティを高めるポイントを、当サイトではジャンルごとに簡単に紹介しています。
どのポイントも、そこさえ押さえておけば最低水準は確実に満たすことができますし、より良い写真を撮影する際にも必ず役に立つものばかり。

ただ、むやみやたらに写真を撮影して物量にモノを言わせる方法もありますが、メインのお仕事をしながら写真撮影となると、どうしても写真撮影に使える時間や力は限られてきます。ですから、自らの負担を極力抑えられるようコツを学びましょう。

話題のカシャカシャビジネスって何だろう?

雪景色を撮影する普段の生活の中で、副収入を手にすることができる副業。
それが「カシャカシャビジネス」です。
しかし、このカシャカシャビジネスは一体どのような副業なのでしょうか?
実際にカシャカシャビジネスをする前に気になるポイントについて詳しくここでは紹介していきましょう。

どのようなビジネス?

カシャカシャビジネスと聞いて、まず気になるのは一体どんなことをするお仕事なのだろうか?
ということでしょう。その名前の響きからでは、全く想像がつかないという人も少なくありません。
実際に、私自身もカシャカシャビジネスを始める前には、どんな仕事なのか全くわからずに困惑した経験があります。
ですが、実際に始めてみるとこれ以上に簡単な仕事はないと思えるほどに、簡単かつ効率的な仕事というのを実感してもらうことができるでしょう。

写真が仕事になる

このカシャカシャビジネスでは、なんと写真がお仕事になるんです。
普通、写真を仕事にしようと思った場合、プロのカメラマンになったりするしかありませんよね。
ですが、実際にプロカメラマンを目指すとなるとその道は茨のような道になります。
プロカメラマンを名乗ることは自由ですが、実際に食べていくだけの収入を得ようと考えた場合には、良い写真を撮影して売れなければ
当然収入はゼロのまま。そうなれば必然的に生活をしていくために、カメラマン以外の仕事もしなければならないというわけになります。
プロとして大成したいと考えていても、様々な要因でプロになれないという人は山のようにいます。
実際にプロとして一線で活躍するのは、カメラマンを夢見る人の中でもほんの一握りなわけです。

気軽に写真を楽しみながら撮影

ですが、カシャカシャビジネスはそうしたカメラマンとして副業をすることができるようになっています。
メインではなく副業として行うことで、気軽に写真を楽しみながら撮影することができますし、収入も売れないプロとして行うよりも高くなる場合も少なくありません。

仕事の流れを知ろう

カシャカシャビジネス。始めてみる際に不安になるのは

・なぜ素人の写真がお金になるのか?

・実際にお金になるのか?

といったことを考える人は多いでしょう。

まずは、なぜ素人が撮影する写真がお金になるのか?について紹介していきましょう。
この、素人が撮影する写真でも売れるようになる理由は、企業が欲しいと思うからなんです。
ウェブサイトというのは、どのような企業でも今では当たり前に持っている時代。
それゆえに、自社企業をよりよく見せようと工夫を凝らしたデザインのサイトを企業がそれぞれ持っていたりします。
そうしたサイトを作り上げる上で必要不可欠になってるのが、写真などの画像です。
以前は、そうしたサイトを作り上げるための画像を企業自体が人を雇って撮影したり、スタジオを借りて撮影したりというのが普通でした。
ただ、この方法はコスト面において、非常に高くなってしまうのです。
カメラマンとモデル。2名を雇うだけでも数十万円がかかりますし、そこに撮影機材やスタジオ料などのコストも併せて考えると、100万円を下らない額になることも。

画像販売サイトの需要

そこに目を付けたのが、ストックフォトなどの画像販売サイトです。
サイトに画像を投稿して、サイトに投稿されている画像の中から購入希望者が写真を購入して使うというものですね。
このストックフォトのサイトでは画像1枚当たりでコストが発生し、それぞれのコストはそこまで高くありません。
そのため、人を雇って写真を撮影するよりもコストを抑えつつ、希望に沿う画像を手に入れることができるようになったんです。
しかし、こうしたサイトを利用する人の数は少なくないので、同じ写真を購入した他の人が作るサイトと写真がかぶってしまうという可能性が生まれます。

趣味で撮った写真を現金化

そんなストックフォトをさらにミニマムにしたのが「カシャカシャビジネス」なんです。
画像販売サイトに登録するのではなく、SNSなどを通して写真を直接購入してもらう。
そうすることで、企業側はさらに安く画像を手に入れることができ、他の企業との画像の被りも避けられるようになります。
カシャカシャビジネスをする人は、自分が普段撮影している写真をSNSを通して買い取ってもらうことができるようになるので
趣味で撮っている写真を現金化することができるわけです。

若い方から、お年寄りまで今では多くの人がスマートフォンを利用している時代。
スマホ1台で写真の撮影から現金の受け取りまですべて行うことができるようになるので
新しく副業を始めようと考えている場合には、カシャカシャビジネスはオススメなんです。

実際にカシャカシャビジネスで稼げるようになるの?

撮影プロのカメラマンとして食べていくことは非常に困難です。
ですから、副業のカシャカシャビジネスなら余計に収入を得ることが難しいと考えてしまう人も少なくありません。
それは、当然のことと言えるでしょう。ですが、収入は比較的高めな方だといわれているのも、このカシャカシャビジネスの特徴になります。
カシャカシャビジネスでは、自分が撮影した写真に値段がついていくシステムなので、自分が頑張って撮影した写真が多ければ多いほど、稼げる金額というのは大きくなります。

普段からスマホで写真撮影を良くしているという人なら、スタートして得られる金額も一気に大きくなる可能性もあります。
基本的に、撮影した写真をSNSへ投稿した上で、それを買い取ってもらうという流れで収入を得る副業となっているので
撮影をしている人であれば、投稿できる写真が既にスマホに沢山あるという状態ですから、言ってみれば既に買い手がつくかもしれないお宝を沢山持っているということ。
故に、撮影をよくする人ほど収入を得やすいという副業になっているわけです。

スタートしてから3日間で3万円!?

実際にカシャカシャビジネスを始めてみることで、3日で3万円の稼ぎは堅いといわれています。
その理由が、今までに写真を撮影してきているということもあるからなんですよね。
もちろん、カシャカシャビジネスを始めてから写真を撮影し始めても、十分に3万円程度の金額は無理なく稼ぐことができるでしょう。
ここで、大事になるのは「無理なく」ということ。
どんな副業でも、頑張れば頑張った分だけ収入を手にすることができますが、頑張れば当然、その分大変になるということ。
無理が続けば、副業を継続していくことが難しくなってしまいます。
ですが、カシャカシャビジネスではそうした無理がないので、安心なのです。

相場は数千円

カシャカシャビジネスで収入を得る場合、写真を買い取ってもらうわけですが
実際にどの程度の料金で買い取ってもらうことができるのでしょうか?
ここでは、そうした疑問について紹介していきます。
カシャカシャビジネスで写真を買い取ってもらう場合、基本的には写真1枚当たり数千円というのが相場となっています。
1,000円~3,000円程度で売れることが多いので、10枚写真が売れればそれだけで30,000円というわけです。

何百枚と販売してやっと30,000円という金額を稼げるとなると、やっぱり大変ですよね。
ですが、10枚だとすればどうでしょう。とたんに簡単な副業に見えてきませんか?
そんなにおいしい話がという風に考える人もいますが、写真を欲する企業が多い今だからこそ、こうした料金で買い取ってもらえるのです。
企業にとっても、数千円で写真が手に入るというのは非常に大きなメリットですし、売る側にとっても何気なく撮影した写真が数千円になるとうれしいですよね。
そのため、カシャカシャビジネスは今では人気の副業になっているのです。

安心できたマニュアルたち

ネットサーフィン数あるサイトの中には、カシャカシャビジネスがマニュアル販売を目的としているという風に書かれていたりします。
そのため、私自身もカシャカシャビジネスを始める前は不安がありました。
ですが、多くのサイトでは、実際に購入していなかったりなんて言うような嘘の情報を流していることも珍しくありませんでした。

私自身カシャカシャビジネスを始めてみて、実際にマニュアルを購入はしましたが、今でもこのマニュアルは役立っています。
何より、何もない状態で写真を撮影して買い手がつくというのを信じる方が難しいと思います。
しかし、マニュアルでは丁寧に解説されていて、非常に安心して仕事にあたることができたと思います。
また、片桐和子さんが教えてくれている、集客用のツールも併せて使いました。

片桐和子さんが教えてくれるツールで解消

こちらは、SNSで集客を行うツールでしたが、元からSNSをあまり利用していなかった私にとってはありがたかったです。
SNSに写真を投稿して買い取ってもらうカシャカシャビジネスですから、多くの人に見てもらえるようになる=買い手がつく可能性が高まる。
ということなので、ツールを使って一気に見てもらえる人を増やせるというのが、とても助かったんですよね。

カシャカシャビジネスを始めてみたいと思っていても、なかなか始めることができない。
SNSでの知り合いが少ないし、企業に見てもらえるか不安という人もいることでしょう。ですが、そうした不安も片桐和子さんが教えてくれるツールですべて解消できました。

闇雲に突き進んでたら失敗していた

写真なんてほとんど撮影したことがなかったような、私が今では月にカシャカシャビジネスだけで数万円もの副収入を得ることができるようになったのも、マニュアルやツールがあったからだと思います。
何もないままじゃ、不安もあるし本当にやっていることが合っているかもわからないまま、ただ闇雲に突き進んで失敗していたと思います。
ですから、そうした私を不安から救ってくれたマニュアルや片桐和子さんには感謝してもしきれないです。

スポーツの写真

soccer

躍動感あふれる、選手や知り合い。友人や子供の撮影を行いたいと考えるのは当然だといえるでしょう。 スポーツを楽し…

続きを読む


車の写真

車

身近にある物を写真におさめて収益化するというのは、非常に効率的な手法の一つと言えるでしょう。 そうした身近にあ…

続きを読む


空の写真

空の雲

空の写真を撮影するのは非常に簡単です。空にカメラを向けて撮影をするだけでいいわけですし。 それこそ、被写体は屋…

続きを読む


花火の写真

花火

海や空とはまた違って撮影が難しいものの一つに花火があります。 夜空に咲く美しい花火は、見るものの心を癒してくれ…

続きを読む


海の写真

海

夏になれば、無性に行きたくなる海。 一面の青空と透き通るような水にあふれる海。そんな魅力的な写真を撮影したいと…

続きを読む


自撮りの写真

スマホ

今回紹介する、写真撮影のコツは、最近多くの人が行っている自撮り写真のコツになります。 自撮りは撮影のコツを知っ…

続きを読む